読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

履歴書の特技の欄って何書けばいいの?

おじいちゃん、おばあちゃんに遺言書を書くように言って、
必要な書類を役所と法務局に集めに行ってました。

ウチの場合はおばさん一家と祖父祖母が折り合い悪くて、
相続で絶対もめそうなので。

ところで、みなさん特技とかってありますか?

人に誇れる所がないオレみたいな人間は、

他人に自慢できる特技がひとっつもないクソみたいな
人生を33年も送ってきたのか。ああ死にたい。

となりがちです。

履歴書に特技を書く機会なんて今後そうそうないとは
思うんですけど(ないと思いたい)。

わざわざ特技っていうほどの特技って中々ないっすよね。

スポーツが得意な人は野球とかサッカーとか、書いとけば
いいと思うんですけど。

オレはがっちがちの文系なのでそんなもんなくて。

例えば特技に「イラスト」って書くのはすっごい抵抗あります。

それは一応アシスタントに行ったり持ち込みに行ったりしていた経験上、
オレの絵のレベルなんてパンツのはじっこに黄色くついてる
ウン染み程度
だって言うのはイヤってほど思い知ってるので。

お前程度のヤツが特技に”イラスト”なんて書いちゃうんだふーん!
って思われそうで(誰に!)。


以前図書館でバイトしていた時に、新人歓迎会の飲み会で、


「ロッテンくん!ちょっとこれに背景書いてみてよ!」へらへら
と酔っぱらった副所長から白紙の画用紙とシャーペンを渡されたときの
絶望感というか資料がないと何にも描けねーよ!
って思い知らされた悲しい思い出がよみがえって、

ある程度のレベルを達成していないと特技と呼べないという
自意識過剰がオレ自身をがっちがちに縛り上げている次第です。

とにかく飲み会で披露できて、見た人に
「お、こいつ結構やるじゃん!」
って思われる特技が欲しいんですよ!

国の名前を言われたら瞬時に首都の名前が言えるとか。

どんなお題でもチンコで解ける謎かけスキルとか。
そんなこんなで、何かをものにしようと思ったオレは、
首都の名前を言えたって何にも楽しくねーし、
ちんこで解けたって人前で発表する度胸ねーしとか色々考えた結果、

似顔絵を特技にしよう!と思い立って練習中なのです。

目標は飲み会で、

似顔絵得意です!書いて欲しい人!
はいはーい!

じゃあね、書きますよー(30秒くらいでサラサラー)

わあーすごーい似てるー抱いて!

です。

っていうか飲み会とか全然行く機会ないんですけどね。


f:id:rotten-mayer-worker:20150907163527j:plain
いらないFAXの裏側を利用してます。エコ!